アンケート結果 親子の絆

おうち英語に関するイメージ調査!自宅でできるメリットは「自宅で親子で取り組むことで親子の絆が深まる」こと。2016年第1回アンケート結果より

LINEで送る
Pocket


2016-12-3

こんにちは。チャンディです。

「英語教育」に関するアンケートを取らせていただきました。

「自宅で英語に触れること」、つまり「おうち英語」に関する世間のイメージ、肯定意見と否定意見を頂きましたので、

本日は、肯定意見をご紹介していきます。

アンケート内容(ご家庭で英語教育をすることをどう思いますか?)

  • 【対象者】英語教育をお子さんにされている親御さん 100名(98名+2名)、お子さんの年齢は0歳~16歳
  • 【時期】2016年11月上旬
  • 【質問】ご家庭で英語教育をすることをどう思いますか?

おうち英語に対しての肯定意見その4 「自宅で親子で取り組むことで親子の絆が深まる」

親子の集い

いろんな意見を頂きましたが、「肯定的な意見」とその理由として

「自宅で親子で取り組むことで親子の絆が深まる」という長所を挙げられている意見がありました。

以下、皆様の意見をいくつか紹介します。

  • 親も一緒に学習することができるので親にとっても良いと思います。
  • 強制ではなく、楽しんで覚えてもらうための工夫が大変だけど、親も一緒に新しい単語や絵本、映画に出会えるのはいい機会だと思います
  • 家族以外の人との英語教育ももちろん必要だと思いますが、家庭で英語を親と一緒に学習することが子どものやる気に繋がっていくと思います。
  • 家族で勉強というくくりより、生活として英語と関われる方法を探したい。遊びや生活の一部として身につけさせたい
  • 共働きが増えている中、とても有意義だと思います。
  • 親子のコミュニケーションの時間が増えていいと思います。

スポンサーリンク

チャンディ

我が家では、インターナショナルスクールや英会話スクールに行かず、

小さいころ(1~3歳)は英語教材を楽しみ、3歳~現在(長女7歳、長男4歳)は、

主に英語動画の視聴、英語音声のかけ流し、オンライン英会話の受講をメインに「おうち英語」をしています。

 

どうしても「自宅で英語」となると、親が指導しなければならないイメージをもたれがちですが、

チャンディはこれまで一度も英語を教えたことはありません。

一緒に動画を見る、絵本を読む、英語を使って会話をしてみる、オンライン英会話のレッスンを受けることはありますが、指導する立場になったことはありません。

指導するも何も苦手なので何も教えられないですし、私のレベルが低すぎます。

一緒に取り組んでも、子どものほうが圧倒的に吸収が早いので追い付きません。

 

ただ、小さいころは一緒に楽しんだりすることは良い時間を過ごすこともとても楽しかったです。

そして、子供が小学生になってからは、私自身が英語を学ぶ姿を見せています。

それは、英語に触れること、学ぶことを当たり前のように感じて欲しいからというのもあります。

今も、時々ですが、オンライン英会話でレッスンを受けています。

私のレベルはとても低いですが、とても楽しく受講しています。

昨年、海外旅行に行きましたが、その時にも英語の勉強は役立ちました。

もちろん、慣れない海外旅行で、ツアーではなく個人旅行で申し込むことで、不安はありました。

色々とトラブルもあり、英語を使わないといけないシーンも沢山ありましたが、一応私も一通りトラベル英会話を勉強していたおかげでなんとか通じ合うことができました。

節約にもなりましたし、好きなように過ごせますし、なにより起こるかわからないワクワク感がとても楽しかったです。

長女も、現地の方と沢山英語を話していました。

海外旅行を通じて、英語を使ってコミュニケーションする機会を子どもたちに与えることもできて満足しています。

また、見知らぬ土地で家族で過ごしたことで、絆も深まった気がします。

もし、お子さんの英語教育を考えてらっしゃるなら、親御さんも一緒に学び、家族で海外旅行をしてみるのもおすすめです。

 

「英語=勉強させるもの」ではなく「英語=親子で一緒に楽しむもの」というイメージを持ってもらうには

自宅でも英語に触れる環境を作った方が良いですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

おうち英語のメリットの一つは「自宅で親子で取り組むことで親子の絆が深まる」こと。

英語に対して親子で一緒に取り組むことで、良いふれあいタイムになったり、刺激になったりもします。

親御さんもお子さんと一緒に動画を見て楽しみながら学ぶのも良いですよ。


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

おうち英語に関するイメージ調査!自宅でできるメリットは「自宅で親子で取り組むことで親子の絆が深まる」こと。2016年第1回アンケート結果より」への1件のフィードバック

コメントを残す

^