アンケート結果 気楽である

おうち英語に関するイメージ調査!自宅でできるメリットは「気楽である」こと。2016年第1回アンケート結果より

LINEで送る
Pocket


2016-11-23

こんにちは。チャンディです。

「英語教育」に関するアンケートを取らせていただきました。

「自宅で英語に触れること」、つまり「おうち英語」に関する世間のイメージ、肯定意見と否定意見を頂きましたので、

本日は、肯定意見をご紹介していきます。

アンケート内容(ご家庭で英語教育をすることをどう思いますか?)

  • 【対象者】英語教育をお子さんにされている親御さん 100名(98名+2名)、お子さんの年齢は0歳~16歳
  • 【時期】2016年11月上旬
  • 【質問】ご家庭で英語教育をすることをどう思いますか?

おうち英語に対しての肯定意見その2 「気楽である」

親子の集い

いろんな意見を頂きましたが、「肯定的な意見」とその理由として

「気楽にできる、気楽に始められる」という長所を挙げられている意見がありました。

以下、皆様の意見をいくつか紹介します。

  • 習いに行くよりは気楽で良いです。
  • スクールに行くとなると、送迎の手間があるので、家事の合間に子どもが取り組んでくれるので良いです。
  • 空いた時間にできるところが良いと思います。
  • 気軽にできるし、時間も自由に決められるところが良いと思う。
  • スクールに申し込むのは気合がいるので、家で始めるほうが気楽でいいと思います。
  • 住んでいる場所にかかわらず学べるのは良いです。

スポンサーリンク

チャンディ

我が家では、インターナショナルスクールや英会話スクールに行かず、

小さいころ(1~3歳)は英語教材を楽しみ、3歳~現在(長女7歳、長男4歳)は、

主に英語動画の視聴、英語音声のかけ流し、オンライン英会話の受講をメインに「おうち英語」をしています。

インターナショナルスクールに関しては、英語はもちろんのこと、英語圏の文化やグローバルな考え方に触れられるという価値のあることだとは思います。

しかし、学費も高く、一部の裕福な方を除き、入学するには「気楽」ではありませんね。

英会話スクールは近所にあるのであればインターナショナルスクールよりは気楽ですが、

入学金が必要だったり、また、月謝を払い続けないといけないので、習い始めるときには少しは気合がいると思います。

お子さんが小さい場合は送迎の手間もありますね。

熱心な教室に入ると、「英検〇級に受かっただの、落ちた」だの、

色々と他のお子さんの親御さんとの関係がこじれることもあるそうです。

また、熱心なお子さんなら良いんですが、あまりそうではない場合、

参観日等で熱心な他のお子さんを見て、

「うちの子英語は向いてないんだわ」と英語そのものを諦めてしまうパターンもあるようです。

(実際にそういう話を聞きました。)

もちろん、直接生の英語を使ってコミュニケーションが取れたり、お友達と一緒に学ぶ喜びもあり、

モチベーション維持には良いと思いますが、習い事を始めるのは多少なり誰かと関りをもつことになりますので、多少なりとも勇気のいることだと思います。

「おうち英語」は気楽であることから「始めやすい」というメリットがあります。

他の人の目は全く気にならないので、そのあたりも楽ですね。

ただ、あまり親に負荷がかかる取り組みだと、「始めやすい」半面、「やめやすい」という短所もあるので、あくまで続けやすいことを始めてみると良いかもしれないですね。

我が家の場合は、英語動画を見ること、かけ流しをすることは親に負荷がないので続けられています。

多少、親に負荷がかかる「読み聞かせ」や「語り掛け」は全くやっていないわけではなく、余裕のあるときだけという感じです。

また、オンライン英会話は多少始めるのに気合が要りましたが、

スクールの変更等は簡単で、いくらでもこちらが選べる立場があるということで

実際の英会話スクールよりは気楽に始められました。

チャンディがこれまで自宅で英語に触れる生活を続けられたのも

この「気楽」であるということが大きいので

皆さんが「おうち英語」のメリットとして「気楽である」ことを挙げられたのにはすごく納得しました。

 

スポンサーリンク

まとめ

おうち英語のメリットの一つは「気楽である」こと。

「気合」を入れず、気軽に始めることができるのも一つの長所ですね。


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

^