アンケート結果 親の負担

おうち英語に関するイメージ調査!自宅で英語の否定意見は「金銭的にも精神的にも親に負担」なこと。2016年第1回アンケート結果より

LINEで送る
Pocket


2016-12-27

こんにちは。チャンディです。

「英語教育」に関するアンケートを取らせていただきました。

「自宅で英語に触れること」、つまり「おうち英語」に関する世間のイメージ、肯定意見と否定意見を頂きましたので、

本日は、否定意見をご紹介していきます。

アンケート内容(ご家庭で英語教育をすることをどう思いますか?)

  • 【対象者】英語教育をお子さんにされている親御さん 100名、お子さんの年齢は0歳~16歳
  • 【時期】2016年11月上旬
  • 【質問】ご家庭で英語教育をすることをどう思いますか?

おうち英語に対しての否定意見 その5 「金銭的にも精神的にも親に負担」

親子の集い

いろんな意見を頂きましたが、「否定的な意見」とその理由として

「金銭的にも精神的にも親に負担」という短所を挙げられている意見がありました。

以下、皆様の意見をいくつか紹介します

  • お金の面では不安ですが、良いことだと思います。
  • 通信教育系の学習教材は高いので視野に入れていません。
  • お金がかかるのが難点です。
  • 少々、お金がかかるとは思いますが、素晴らしいと思います。
  • かなり予算がかかりそうなイメージです。
  • 教材を使ってやるとなるとよっぽど親のやる気がないと続かなくなると思います。
  • 昔教材に取り組みましたが、続かないし親のフォローが大変なのでやめました。
  • やったことがあるが、大変だったので学校に入れました。
  • 大変そうなので、そこまでやる必要があるのかなと思います。

スポンサーリンク

アンケートを受けての感想

チャンディ

我が家では、インターナショナルスクールや英会話スクールに行かず、

小さいころ(1~3歳)は英語教材を楽しみ、3歳~現在(長女7歳、長男4歳)は、

主に英語動画の視聴、英語音声のかけ流し、オンライン英会話の受講をメインに「おうち英語」をしています。

 

アンケートに書いてくださった方々の

「金銭的にも精神的にも親に負担」

というご意見!

なるほどなぁと思いました。

正直に答えて下さって本当にうれしいです。

どれぐらい英語教育にお金がかけるかはご家庭によって異なると思います。

チャンディも家計を圧迫するほどの習い事は家族にとって親の精神的にあまり良くないかなって思っています。

英語教材というと、どうしても高額なものをイメージされると思うんですが、お子さんが複数人いらっしゃったり、

長く使うことを考えると月々の値段はそこまで高くないものもありますし、

 

今は、YouTubeやAmazonビデオ、レンタルDVD等、アプリ等を使って無料で始めることもできますので、

工夫すれば金銭的な負担はあまりないといえます。

 

ちなみに我が家の場合は、

現在、英語にかけている費用は、子ども二人合わせても15000円を超えないようにしています。

主に、洋書やオンライン英会話の月謝です。

たまにオンライン英会話を増やしたり、洋書を買いすぎてオーバーするときもありますが、基本的には10000円程度。

長期休みの前等に洋書を多めに買ったりするので、15000円ぐらいになるときもあります。

長女が幼稚園のときに読んだものも多いので、長男のために洋書を買うことはほとんどなく、長女に月4,5冊。

オンライン英会話は家族でアカウントを共有できるスクールにしてポイントを分け合っています。

動画はたまにDVDを購入する程度で、ほぼ無料のYouTubeやAmazonビデオを視聴しています。

英会話スクールに通っているのと同じぐらいのお金がかかっていますが、ただスクールに行かせているよりは効果はあると感じています。

 

もちろん、子どもたちが小さいころは「教材」も使いました。

1歳ごろからはWKE、3歳代はDWEの中古、七田の教材、かんたんなReader等です。

ただ、そのころはオンライン英会話はしていませんでしたので、そこまで負担はかかっていません。

子どもで二人、それぞれ1歳ぐらい~4歳ぐらいまで使っていたので、一人当たり月々5000円程度に収まっているのではないかと思います。

お子さんの数が多ければ多いほど、金銭的な負担は小さいです。

 

有料のものには動画だけに頼らない、

親子の触れ合いや知育に役立つ、

効果がわかりやすい、

理解している内容を把握しやすい等、

無料動画にはない良さがありますので、有料教材を使うのも良いですし、

子ども向け英語教材

 

そこまで気合が入らない方は無料のYouTubeやAmazonビデオ、レンタルDVD等から楽しまれると良いと思います。

無料のものでも親子で楽しみながら視聴できるものも沢山あります。

 

YouTube

 

Amazonビデオ

 

レンタルDVD

 

NHK for School

 

無料で始められる、親子で気楽に日常絵英会話を一緒に学べるアプリもありますよ。

 

また、教材に関しては確かに

お子さんが小さい場合、親が一緒に取り組まなければいけなかったり、

小学生以上の場合は、しっかりやっているかの管理をしたりと、親の精神的な負担は大きいです。

親がきちんと向き合ってあげることを前提にした教材や絵本教材も多いです。

それは単に英語力アップを狙っているということではなく、「親子で楽しく」取り組めることをメリットにしているので、

そういったことに価値を感じる方は、活用できると思いますが、

確かに、そういうことを面倒だなと思われる方、忙しい方には負担でしょうね。

お子さんの性格にもよると思います。

英語の勉強が好きな子もいれば、そうでない子もいると思います。

 

今更教材を買うのは、、、という方も多いはず。

そういう場合は、とにかく環境だけでも整えて、無料動画等を楽しむことから始め、

親子ともに英語を楽しむ日常に慣れてきて、もっと学びたいと思ったら教材を始めてみるのも手です。

 

動画を楽しむ日常を準備することは、環境づくりまでは少し努力が必要ですが、

環境さえ作ってしまえば、金銭的にも精神的にも、負担がない状態にすることは可能です。

我が家は動画を楽しむ日常に関しては、金銭的にも精神的にも負担がほとんどありません。

 

ぜひ、お子さんの隙間タイムに

動画視聴とかけ流しが気軽にできる環境を作ってみて下さいね。

 

このサイト、動画や音声教材を活用する前に読んでほしいこと

 

英語教育の環境を整える方法

 

 

英語に触れる毎日を過ごすと、自然と英語に興味が湧き、

「もっと理解したい!」というやる気を生み出し、英語学習につながることもあります。

 

もちろん「自宅での英語」に加え、英会話スクール、サークル、イベントやオンライン英会話等、実際に英語を使ってコミュニケーションする機会を持つこと、

また、読み書きや文法等の勉強を通じてより効果的に英語力をアップさせることができます。

ただ、やはりコミュニケーションをとろうにも知っている表現がないと学ぶことは少ないでしょうし、

読み書き等の学習だけだと、続けるのは難しいので、

そういったコミュニケーションや学習の効率を上げるためにも「英語に触れる毎日」を持つことをおススメします。

 

スポンサーリンク

まとめ

英語教材にお金をかけたくない、英語教育に労力を使いたくないのであれば、YouTubeやAmazonビデオ、アプリ等、お金がかからないことから始めてみて、

親子ともにもっと学びたくなってきたらオンライン英会話、英会話教室、洋書等、少し努力が必要なこと、お金がかかることに取り組んでみるもの一つの方法です。

 


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

おうち英語に関するイメージ調査!自宅で英語の否定意見は「金銭的にも精神的にも親に負担」なこと。2016年第1回アンケート結果より」への1件のフィードバック

コメントを残す

^