アンケート結果 効果効率

おうち英語に関するイメージ調査!自宅で英語の否定意見は「効果がわかりにくい、効率的ではない」こと。2016年第1回アンケート結果より

LINEで送る
Pocket


2016-12-19

こんにちは。チャンディです。

「英語教育」に関するアンケートを取らせていただきました。

「自宅で英語に触れること」、つまり「おうち英語」に関する世間のイメージ、肯定意見と否定意見を頂きましたので、

本日は、否定意見をご紹介していきます。

アンケート内容(ご家庭で英語教育をすることをどう思いますか?)

  • 【対象者】英語教育をお子さんにされている親御さん 100名、お子さんの年齢は0歳~16歳
  • 【時期】2016年11月上旬
  • 【質問】ご家庭で英語教育をすることをどう思いますか?

おうち英語に対しての否定意見 その4 「効果がわかりにくい、効率的ではない」

親子の集い

いろんな意見を頂きましたが、「否定的な意見」とその理由として

「効果がわかりにくい、効率的ではない」という短所を挙げられている意見がありました。

以下、皆様の意見をいくつか紹介します

こちらもすごく多かったです。

  • 自宅の勉強は効果がわかりにくいため、習いに行った方が早く身につくと思います。
  • 気軽にできるのは良いのですが、効果が分かりにくいです。
  • 今、一応英語に触れさせていますが、効果のほどはさっぱりわかりません。
  • 家庭で効果的な教育ができるかどうか疑問。
  • 取り掛かりやすくて良いと思いますが、まんべんなくカバーできるのか疑問にも感じます。
  • 家の学習だけだと効率的ではないと思います。外で他の友達や外国人とかかわりながら英会話をすることも必要になってくると思います。
  • きちんと勉強させたいのなら物足りない。
  • 気軽に始められて良いと思いますが、真剣に英語を学ぶのであればちゃんと先生を付けた方が良い。
  • 家での取り組みも良いとは思いますが、決してそれだけでは身につかないと思います。

スポンサーリンク

アンケート結果を受けての感想

チャンディ

我が家では、インターナショナルスクールや英会話スクールに行かず、

小さいころ(1~3歳)は英語教材を楽しみ、3歳~現在(長女7歳、長男4歳)は、

主に英語動画の視聴、英語音声のかけ流し、オンライン英会話の受講をメインに「おうち英語」をしています。

 

アンケートに書いてくださった方々の

「効果がわかりにくい、効率的ではない」

というご意見に関して、一部理解できます。

 

「おうち英語」といっても方法は様々で、もちろん効率的に教材を活用することもできますし、

効果もわかりやすい場合もあると思います。

 

ただ、今、私がとっている「動画」「かけ流し」「オンライン英会話」の中で、英語のインプットになる「動画」「かけ流し」は確かに、効果もわかりづらく、

効率は良くないかもしれなと思います。

英会話スクールに比べて「ちゃんとしたカリキュラム」も存在しませんし、効果の程度は個人差によるものもとても多いです。

 

我が家に関しては、動画や音声教材をメインに活用してきましたが、

現在7歳の長女はとっても効果が分かりやすかったです。

1歳のときにWKEのサンプルDVDを見ているだけで歌を歌い始めたり、果物の名前も全部覚えたりして驚きました。

3歳までは毎日英語に触れているわけではなかったのですが、3歳前半で「さわこの一日」に取り組んだ時、

ものすごい勢いでフレーズを吸収したときも「子どもって天才!」だと思いました。

インプットをしていたら、勝手にアウトプットが出て、もっと英語を話せる環境が欲しいなと思いました。

そこから毎日の動画視聴と週に数回のオンライン英会話でペラペラ話せるようになったときは感動すら覚えました。

でも、それは我が家の長女だけではないと思います。

そういうわかりやすい「効果」を感じるお子さんも沢山いらっしゃると思います。

ただ、そういうお子さんばかりではないです

子どもたち

現在4才の長男は、0歳のころから姉の動画視聴に付き合っているので、ほぼ毎日英語を聴いていることになります。

ただ、3歳までは「彼にあった」動画素材やかけ流し素材は使ってこなかったので、英語は全然話しませんでした。

3才半ごろから、彼にあった素材を使うようになりましたが、最初、効果は全くと言っていいほど感じませんでした。

動画等を見てはいますが、英語を話し始めるわけでもなく、本当に理解しているのかもわかりませんでした。

インプットはしているけども、アウトプットが0という状態でした。

ただ、確かに最初は「あれ?」と思ったけれど、別に焦りはなかったです。

英語の成長が早い、遅いはその子の性格によると思います。

英語の成長が遅い=うちの子はダメ

ではありません。

長男のほうが得意なことも多いのです。

どんなことにも得意、不得意があるのが当然だから、他のお子さんと比べて悩む必要なんて全くないのです。

子どもたち

 

確かに小さいころから英語が話せたらすごいし、かっこいいし、

話している=効果あり!!

と充実感を感じるとは思いますが、別に話せなくても困りませんからね。

 

ただ、そうは言ってもほったらかしはまずいと思い、3歳半ごろからは長男にあった動画素材やかけ流し素材も楽しむようにして、とりあえず「英語に触れる毎日」を提供しました。

そうすると、オンライン英会話で楽しそうに英語を話している姉の姿に影響されて「僕もレッスンしたい」と言うようになりました。

今は、長女のように驚くほど英語を話す!子どもの吸収力ってすごい!と感動することはありませんが、

1年単位でみると、ものすごく成長しています。

1日、1週間、1ヶ月ではわかりにくい成長です。

まさに!ちりも積もれば山となるです。

更に、オンライン英会話のレッスンを始めて半年ぐらいたちますが、やはり、1年前とは比べ物にならないぐらいに成長しています。

どの程度?と言われても説明しずらいのですが、

英会話スクールで学ぶような色、形、数字、文字、かんたんな単語、そして簡単な表現はいつのまにか理解し、少しは話すことができます。

あと、車の部品とか、車、特に重機の種類とかは、家族のだれよりも知っています。

その他にも、確認はしていませんが、たまに「そんなこと知ってるんだ」と感じることが多いんです。

 

英語に関しての成長は差がありますが、だからといって長男に物足りなさは感じないですし、もっと長男に英語を!!と熱心にもならないです。

もともと「バイリンガルに!」というそこまで熱い情熱がないチャンディなので。

「効果」より「習慣」ができた事で満足しています。

その習慣は「楽しみ」の一環になっているということで十分です。

小さいうちに英語のスペシャリストになる必要はないんです。

だって、大人になってから勉強して話せるようになった人も沢山いらっしゃいますから。

でも、英語が必要だと思ったときに、何も武器がないのは戦いにくい。

戦う前に心が折れてしまうこともあるかもしれません。

(英語が苦手な大人はほとんどこの状態ですよね。。。)

だから毎日英語に触れる習慣は続けたいと思っています。

今の英語力よりも、今、英語のコンテンツを楽しんでいること、未来の英語学習に対しての情熱を上げること、そして努力が必要になった時のハードルを下げることが大切だと思っています。

子どもたちご機嫌

また、「効率的」かどうかというと、そうではない気もします。

ただ、楽しみながら英語に触れることで、英語以外のことも学べています。

動物知識、工作、お絵かき、車の構造、道徳、科学、地理、、、、、

英語を通じて英語以外のことを学んでいるので、「英語力」を効率的に学んでいるかというとそういうわけではないと思いますが、

「英語」だけを学ぶだけの時間よりも有意義だと感じています。

英語の動画や洋書、オンラインレッスンを通じて趣味は広がっています。

Why

そして、「自宅での英語習慣」だけでなく、

「自宅での英語」に加え、英会話スクールやオンライン英会話等、実際に英語を使ってコミュニケーションする機会を持つこと、

また、読み書きや文法等の勉強を通じてより効果的に英語力をアップさせることができます。

ただ、やはりコミュニケーションをとろうにも知っている表現がないと学ぶことは少ないでしょうし、

読み書き等の学習だけだと、子どもにとって負担になる場合が多く、続けるのは難しいので、

そういったコミュニケーションや学習の効率を上げるためにも「英語に触れる毎日」を持つことをおススメします。

 

スポンサーリンク

まとめ

英語に触れる毎日を送ったところで、1日、1か月単位では効果がわかりやすいお子さんとそうでないお子さんがいらっしゃると思います。

でも1年単位で比べると、「英語に触れる毎日」の効果を実感される方が多いです。

また、「効果」だけにとらわれず、将来の英語への情熱や、努力へのハードルを下げるという「習慣」を送ること、そして英語に触れながら色んな知識を得られることはお子さんの未来にとって大きな武器になるはずです。

まずは、英語に触れる毎日(インプット中心)を送り、慣れてきたら会話をする機会を作ってみるのもいいですね。

 


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

おうち英語に関するイメージ調査!自宅で英語の否定意見は「効果がわかりにくい、効率的ではない」こと。2016年第1回アンケート結果より」への1件のフィードバック

コメントを残す

^