小学生

小学生以上,初めてでも大丈夫♪動画視聴のメインは英語!を始めて継続させるコツ!☆小学生~大人

LINEで送る
Pocket


2017-5-29

こんにちは。チャンディです。

このサイトでは、ご家庭での英語教育の一環として、「英語動画」を視聴することや英語音声を聴くことを目的に、動画、音声コンテンツを多数ご紹介しています。

ただ、ご家庭によって取り組みの差やお子さんの受け入れ具合も違い、

英語動画を視聴しているけど、効果が見えにくい。

子どもが英語動画を嫌がる。

英語動画を視聴し続けることが難しい

等のお悩みをお持ちの方も多いようです。

お子さん、親御さんによって快適に英語動画視聴ライフを送るコツをお送りしているシリーズ第5段!

これまで4つの記事

をご紹介しましたが、

引き続き、今回は、

これまで英語動画を視聴することをしてこなかった、小学生以上のお子さんが英語動画視聴を始め、継続させるコツ

をご紹介します。

スポンサーリンク

まだまだ遅すぎることはない!小、中学生以上から英語動画を始める場合、お子さんが日常的な英語動画視聴を継続させるコツ

小学生

では、幼児期から英語に親しんでなかった場合はもう遅いのでしょうか?

私はそんなことはないと思います。

なぜなら、大人になった私でさえ、一緒に英語に触れる毎日を送るようになってリスニング力は多少上がったからです。

主に子供たちには家事タイムに英語動画を視聴してもらっているため、集中して視聴できていませんので、伸びはイマイチですが(汗)

小学生を含め、中、高校生、大学生等、まだ若い学生さんは

真剣に英語に触れる時間さえ増やせば、大人をすぐに追い越します。

実際、小学校から英語動画を利用した「おうち英語」を始めたご家庭でも英語力アップを感じてらっしゃる方は多いです。

ただ、問題になってくるのが「本人のやる気」。

もし、「本人のやる気」がなければ、これまで日本のテレビ番組を中心に視聴されてきた場合は、英語動画を受け入れるのが難しい場合もあるでしょう。

 

英語動画の視聴し始めたばかりの頃は、小学生以上のお子さんにとって

☆英語が簡単な動画は幼くていまいち面白みにかける

☆面白そうな動画は英語が早すぎる

という、年相応の英語動画を純粋に楽しむのが難しい状況ではあります。

 

確かに、幼児期から英語に触れてきたお子さんに比べて、スムーズに行かない部分はあると思います。

小さい頃から英語に触れ続け、既に英語を自由に話せるようになっているお子さんのブログ等を見て、

気おくれしたり、焦ったりすることもあると思いますが、

英語力は競うものではありません!

周りと比べるものではなく、個人の中で成長するものです。

小、中、高校生、大人になってからでも、もう遅いと言わず、少しずつでも英語に触れる毎日を送る意味はあります!

英語に触れ続ける生活を数年送れば、違いは明らか!

 

それに、小学生以上のお子さんは幼児さんと違って学習能力が高く、英語を読めるようになるのが速いですし、文法理解も優れています。

英語が読めるようになることで知っている表現が増えていき、英語を毎日聴く環境を続けることで自然と耳から英語が理解できるようになってきているお子さんが多いです。

また、英語を理解できるのが当たり前の幼児期スタート組に比べ、

自分が努力したことで「英語がわかる!」「聞き取れた!」「通じた!」という喜びはとても大きく、その喜びがモチベーションを上げてくれるでしょう。

ですので、ただ英語動画を視聴するだけよりも、

英語を読めるような取り組みや英語学習を取り入れつつ、その中で娯楽として「英語動画」を取り入れると良いと思います。

 

でも、大切なのは英語=勉強、学習」だけにならないこと。

中学を受験する子、スポーツや趣味に打ち込んでいる子等、

忙しいお子さんは特に、小学校高学年以上、英語学習を増やすのはストレスの元になりますし、

忙しい時期は「英語=勉強、学習」だけの場合は英語に触れること自体がストップしてしまいます。

そうなると英語を忘れてしまい、これまで積み重ねてきたものが多少は無駄になってしまうことも。

忙しい時期は、英語の勉強ができないこともあるでしょう。

そういうときに息抜きになるような「英語動画」だけでも楽しむ日常を送ると、英語を忘れることはありません。

お子さんも楽しくないと続けにくいですし、親御さんもお子さんが楽しめないものを続けさせるのは大変疲れますからね。

 

ただ、小学生以上のお子さんの場合、

スピードの速い英語ネイティブ向け動画を全部理解できなくてもあまり抵抗なく楽しめる幼児さんと違って

きちんと理解できないと気持ち悪い!と感じる

お子さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

ですので、特に初期の時期は、とにかくわかりやすい英語動画から始めた方が良いと思います。

Level.0 Level.1 Level.2

 

個人的には特に英語を始めたばかりのお子さんの場合、Little Foxの英語動画がおすすめです。

リトルフォックスの英語動画紹介はこちら(当サイト内)

また、当サイトのレビュアーさんからのアンケートにて小学生以上のお子さんに評判なのが「お絵描き」をテーマにした動画、もしくは工作やお料理をテーマにした How toもの。

これはYouTube動画ならではのものです。

工作・お絵かき

 

紙とペンさえあれば、すぐに始められますし、英語ということを意識せずに英語を聞きながら手を動かし、理解することができます。

人気のキャラクターが描けるので遊び感覚で取り組め、知らないうちに沢山の動画を楽しんでいた!というお声もあります。

また、少し英語が読めるお子さんが楽しめるように、そしてお子さんが英語が読めなくても親子で楽しんで意味を教えてあげられるように

英語字幕付きのものを選ぶのも良いですね。

英語字幕付き、英語動画、DVDはこちら(当サイト内)

 

また、最初から長い映画やお話は飽きる可能性が大きいため、10分未満の短めの動画から始めることで集中力が持ちます。

時々「流行りのディズニー映画を英語で!」という勉強法も紹介され、

スクリプト本等も販売されていますが、

基本的に映画は英語学習のために作られているものではありませんし、セリフも速く、難しく、時間もとても長いです。

既に英語の理解力があるお子さんは楽しむのに良いでしょうが、

とても初心者にはオススメいたしません。

ある程度、簡単な英語に慣れてから楽しむほうが良いでしょう。

 

そして、小学生以上のお子さんは自分で機械が操作できますので、できるだけ「お子さんが自分で選べる」ようにしておくと

親御さんの負担が減少します。

YouTubeアカウントを作り、活用すると自分で好きな動画が選べるため満足度が高いです。

また、より気楽に見られるようにテレビでYouTubeの英語動画を視聴できる環境をつくることをおすすめします。

 

英語動画を楽しむ日常を送れるようになってくると、あとは続けるのみ。

こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

小、中学生から英語動画視聴を始める場合は、最初は「お子さんの意識と努力」が必要です。

動画だけでなく、英語学習も取り入れると効率的。

まずは、とにかくわかりやすい、短めの動画から楽しみ、お気に入り番組を見つけていくことが継続のコツです。


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

^